自己処理は自己責任

脱毛にはさまざまな施術方法があります。ほとんどの人が行ったことがあるのが自己処理というもので、自宅などで自分で行うものですが、実はこのやり方には きちんとした知識を得たうえで行わないと悪化してしまうので注意が必要なのです。

一番お金のかからない毛抜きという方法では毛を抜いたあとの毛穴をそのま まにしてしまうと毛穴にゴミや菌が入り込み炎症や黒ずみの原因になってしまうのです。また、ゴミなどが入った毛穴は詰まってしまい、次に生えてくる毛はそ のゴミたちを突き破って生えなければならず、より丈夫になるのです。

つまり、太く濃く、長い毛として生えてきてしまうので毛抜きで抜いたあとは専用のジェ ルや消毒などが必要となることを知っておくべきです。

ではカミソリなら毛穴に毛が残るからデメリットはないかと思われますが、こちらもケアをしないと大変 なことになります。確かに毛を抜くわけではないので毛穴にゴミや菌は入りにくいのですが、カミソリは肌に傷をつけてしまうので、カミソリで脱毛した肌はど んどん固くなっていきます。固くなった肌を突き破るために毛はどんどん太く濃くなってしまい、毛としては毛抜きと同様の結果となります。

またカミソリ負け という炎症も起きたり、固くなった肌は毛の周りの皮膚を盛り上げてしまうので気を付けないとカミソリで皮膚を切ってしまうこともあります。よってこちらも ジェルなクリームなどを塗ってしっかり保湿する必要があります。このように安くて簡単な方法はしっかりとしたケアが重要なのです。


Warning: sprintf() [function.sprintf]: Too few arguments in /home/nigun/rozanostocka.net/public_html/wp-content/themes/lineday/library/underscores/template-tags.php on line 27
未分類

ヒザ下とヒザ上はセットで施術するべき

ヒザ下の毛が長く太く濃いのが気になり、エステに通いました。
太ももにも毛は生えていたのですがすねに比べたら全く気にならなかったので、ヒザ下のみのコースで始めました。
膝下脱毛

しかし、どんどんきれいになっていくすねとは対照的に太ももが気になって仕方なくなってきてしまいました。またひざそのものは含まれなかったので、膝周りにくっきりと毛で線を引いたような仕上がりになってしまいました。

確かに太ももは今まで通り自己処理でもよかったのですが、ヒザは骨 が近くてごつごつしているのでカミソリを使うには使いにくい部位だったこともあり、結局ヒザ上もスタートしましたが、時間差があったのでヒザ下とヒザ上の 出来上がりにムラができてしまい、コースが完了するまで自己処理をしながらになってしまいましたし通う期間も長くなってしまいました。
さらに上下セットで 申し込めば割引もあったのにそれぞれで申し込むと単品になってしまい割高になってしまいました。

ただ、太ももが終わると今度はおしりや足の付け根も気なっ てしまうようになり、お金が貯まり次第また通いたいと思います。ワキは安くできるという話もエステの方からしていただけたので、次はおしりとワキを一緒に スタートしようと思います。


Warning: sprintf() [function.sprintf]: Too few arguments in /home/nigun/rozanostocka.net/public_html/wp-content/themes/lineday/library/underscores/template-tags.php on line 27
未分類

足を美しく見せる為には

美脚は女性にとってとても重要です。太っているから、運動していたから、正座が多いからなどの言い訳はいろいろとありますが、普段心がけることについて お手入れ、ファッション、立ち居振る舞いの三つアプローチしています。

1 お手入れ
基本は足の疲れを残さないこと。正座をすることが多いので普段の足のお手入れには 人一倍気を使います。
手間のかかることや、お値段のはることは継続するのが難しいので、もっぱら入浴時のオイルマッサージです。
体 を洗い、浴槽で全身を暖めた後、マッサージオイルを片足づつ足に塗り、指先からゆっくりと上にマッサージしていきます。足の指を揉み解したり つまんで揺 すったりして血行を良くしていきます。土踏まずの所は力を入れ気味にして 指でぐりぐり揉み解すようにマッサージします。足首の関節の所は指のはらでゆっ くりほぐすようにマッサージ。足の甲と足首を両手でそれぞれつかみ、ぞうきんを縛るようにひねると足が軽くなります。指の間やかかとを親指で指圧するのも 気持ちいいです。足首から膝にかけて上に指を滑らし、痛気持ちいい所は何度もマッサージします。最後にひざの関節を丁寧にマッサージ。足にはつぼが多いそ うですが、覚えきれないので「痛気持ちいい」所を探して凝りをほぐしています。
ざっと洗い流してサランラップを巻き、靴下をはいて寝れば翌朝、足全体がすべすべになっていて、体も軽くなります。

2 ファッション
ボトムスについては 脚が太くなっていく所にスカートの裾がくる丈ははきません。なので膝丈のスカートは避けています。
腿の一番太い所から1cmくらい下にくる丈にすると スカートから見える足がメリハリの利いた締まった足に見えます。
ミニスカートのときは太ももの一番太い所から1cm程度スカートの裾がくるようにしています。
長めのスカート丈では腿の一番太い所よりも下の丈を愛用しています。足全体を隠すのではなく、一番細い足首をチラ見せする感じです。
細 さに自信があるならスキニーは細く見えますが、そうでもない人が細く見せようとぴちぴちのパンツをはくと苦しそうに見えて かえって太く感じてしまいま す。はいている人は意外と気がつかないのですが、少しゆとりのある太さのパンツの方が自然に見え、逆に細く見えることがあります。細く見せようと黒の無地 をはくと、逆に足のラインがガッツリ強調されます。
パンツのときはヒップが隠れる丈のトップスがマストです。お尻をふんわり隠すペプラムのついたデザインのものだと足が細く見えます。体験的にはチュニックタイプよりも すこしブラウジングしたものの方が体全体が細く見えるようです。

3 立ち居振る舞い
持ってうまれた体型はなかなかいかんともしがたいのですが、立ち居振る舞いを優雅にすることで美しく見せることはできます。
一 つ一つのポーズを女性らしく優雅にすること。かがむときは少し膝を曲げる、お尻を上に向けない、股を広げないなど、細かいことはいろいろとありますが、要 するに膝をそろえ、腰から動くことを意識して足を優雅に運びます。日本舞踏やバレエなどの動きをまねしてみてもいいかもしれません。
人は男性女性問わず、脚だけを見ているのでなく、動きの方を見ているものなんです。
立ち居振る舞いがきれいだと、脚だけでなく人物までも上品で優雅に見て頂けます。

元々 細いだけで取り立てて長くもなく、美脚でもないのですが、この三つをいているだけで、「脚のきれいな人」といわれることが多いです。


Warning: sprintf() [function.sprintf]: Too few arguments in /home/nigun/rozanostocka.net/public_html/wp-content/themes/lineday/library/underscores/template-tags.php on line 27
未分類