黒くなってしまったヒザの御手入れ方法について

ヒザが黒くなってしまう主な原因は、紫外線と圧迫、摩擦の3つだと言われています。

また、ヒザが黒くなってしまう対策や改善策としては、クリームを塗布し保湿することや週にいっぺんは角質ケアをすること、ソフトに洗う、ヒザをつかない、日焼け止めクリームを塗布する、といったことが挙げられます。

ヒザに塗るクリームは、時間をかけるのが嫌ならボディクリームだけでOKです。しっかり保湿することで肌のターンオーバーが整うため、自然と黒ずみが薄くなります。

週にいっぺんの角質ケアは、ボディスクラブを使用することをおススメします。古い角質溜まりによる黒ずみならば、除去してあげましょう。
ここでスクラブでゴ リゴリと擦ると摩擦が強い刺激になるので、極力優しい力加減で行うよう気をつけましょう。
最後は、クリームでの保湿を必ずしましょう。
黒ずみ

汗 をたくさんかいた日は、ごしごし洗わないといけないと思われがちですが、ボディタオルでの摩擦もしっかりと黒ずみの原因になってしまいます。
なので、絹などの優しい素材で作られたボディタオルを使用し、必要以上にこすらないよう努めましょう。ハンドオンリーで全身を洗うのも良いと思います。

毎 日お手入れをきちんとしても、ヒザをつくことは一切辞めなければ何の変わり映えもないでしょう。
いつ何度時であっても黒ずみの原因となってしまうからヒザ は決してつかない、と思う人でも気づいたら自然についていたりするものです。すぐ近くの物を取るときも面倒臭がらず、いったんしっかり立ち上がって少しの 距離であっても一々ちょっと場所を移動してから取るようにしましょう。

冬場はタイツを履くし、ロングパンツ、さらに重ね着がすごいから、そのため日焼け止め塗らないという物の考え方は今すぐ変更しましょう。
紫外線は衣服を通しても確実に入ってきます。
また、冬でも夏の3分の1程度は紫外線 量があるので、冬に3時間外出すれば、夏に1時間外出したことと同じ量を浴びることとなります。
その辺の計算も間違えないようにして考慮して、絶対に必要ないと思う、冬の季節であっても日焼け止めクリームが必要だと考えられる時はきちんと使用するようにしましょう。


Warning: sprintf() [function.sprintf]: Too few arguments in /home/nigun/rozanostocka.net/public_html/wp-content/themes/lineday/library/underscores/template-tags.php on line 27
未分類