自己処理は自己責任

脱毛にはさまざまな施術方法があります。ほとんどの人が行ったことがあるのが自己処理というもので、自宅などで自分で行うものですが、実はこのやり方には きちんとした知識を得たうえで行わないと悪化してしまうので注意が必要なのです。

一番お金のかからない毛抜きという方法では毛を抜いたあとの毛穴をそのま まにしてしまうと毛穴にゴミや菌が入り込み炎症や黒ずみの原因になってしまうのです。また、ゴミなどが入った毛穴は詰まってしまい、次に生えてくる毛はそ のゴミたちを突き破って生えなければならず、より丈夫になるのです。

つまり、太く濃く、長い毛として生えてきてしまうので毛抜きで抜いたあとは専用のジェ ルや消毒などが必要となることを知っておくべきです。

ではカミソリなら毛穴に毛が残るからデメリットはないかと思われますが、こちらもケアをしないと大変 なことになります。確かに毛を抜くわけではないので毛穴にゴミや菌は入りにくいのですが、カミソリは肌に傷をつけてしまうので、カミソリで脱毛した肌はど んどん固くなっていきます。固くなった肌を突き破るために毛はどんどん太く濃くなってしまい、毛としては毛抜きと同様の結果となります。

またカミソリ負け という炎症も起きたり、固くなった肌は毛の周りの皮膚を盛り上げてしまうので気を付けないとカミソリで皮膚を切ってしまうこともあります。よってこちらも ジェルなクリームなどを塗ってしっかり保湿する必要があります。このように安くて簡単な方法はしっかりとしたケアが重要なのです。


Warning: sprintf() [function.sprintf]: Too few arguments in /home/nigun/rozanostocka.net/public_html/wp-content/themes/lineday/library/underscores/template-tags.php on line 27
未分類