両ひざ下脱毛の変化について。

両ひざ下の脱毛は箇所が広いので、脇などより時間は多少かかる印象がありました。しかし、ジェルを塗った後光をあてるだけなので一回当たりの時間に関して は、そこまで長い時間ではありませんでした。光をあてる際は、少し痛みを感じました。毎回これくらいの痛みであるのであれば、通いつづけることのできる印 象を受けました。いまは光をあててもらって、途中の段階です。期間をあけて脱毛をしなくてはいけませんので、サロンに関しては通いやすい場所のほうが長く 通うことつながると思いました。

足脱毛

光をあててもらう際は台のようなところにのって光を受けました。光をあてる機会は割と多きめである印象を受けました。コードのようなものがあり、それに光 をあてる機械がつながっていました。光をあててもらった際あとに、アフターケアのようなかたちで、ぬるようなものの商品のすすめもありました。

脱毛サービスを受けた後は、肌が痛むようなこともなくサービスを受けることができました。サービスをうけたあともある程度は自分で処理が必要ですが、その 後は薄くなるようなので、これから毛が薄くなることに期待したいと思います。サロンによっても変化があるようなので、ほかのサロンも通ってみようかと思い ます。


Warning: sprintf() [function.sprintf]: Too few arguments in /home/nigun/rozanostocka.net/public_html/wp-content/themes/lineday/library/underscores/template-tags.php on line 27

お風呂の時に塩で足のマッサージをしています

私が足を細くするためにしている事として、マッサージがあります。
これは本当に、効果をみることができます。
疲れた時に、足を上に上げてマッサージをすると、随分と足のむくみを取ることができます。
しかもその時に、エステで受けるような激しいマッサージをすることが大切です。
エステで行うと、さらに効果をあげることができますが、自宅で自分で行っても、とても良い効果をみる事ができます。

その時、お風呂に入っている時が、一番効果があると思っています。
それは一つにリラックスをすることができるからです。
リラックスをした状態で行うと、長く実施をすることができます。

美脚

またその時に、塩で足を心臓の方向に向かってマッサージをすると効果的です。
そのようにマッサージをしたあとは、足を上げて入浴をすると、更に足の血流を心臓に戻す事が出来るのです。
そしてお風呂から上がった後も、できるだけ足を心臓よりも上にあげるようにしていました。
そのことが、一番効果があると感じます。


Warning: sprintf() [function.sprintf]: Too few arguments in /home/nigun/rozanostocka.net/public_html/wp-content/themes/lineday/library/underscores/template-tags.php on line 27

美脚のためにお風呂後ボディオイルとワセリンで完璧に保湿

お風呂後すぐ顔に化粧水や美容オイルを塗って乾燥対策をしている人は多いと思いますが、私は顔だけではなくボディにも気を付けるようにしています。特に足は乾燥しやすいのでかなり入念にケアするようにしています。

お気に入りの香りのボディオイルを足全体に広げて、なじませるようにマッサージをします。特にむくんでいるときはふくらはぎの真ん中のツボを刺激して、むくみを取るようにしっかりマッサージします。香りも相まってリラックスできること間違いなしです。

太ももやお尻全体もそうですが、盲点になりやすいかかとや指もしっかりとオイルをなじませます。そして仕上げにドラッグストア等で安く売っているワセリンを、まず手に取って温めて広がりやすくして全体になじませます。

ワセリンは本当に万能クリームなので、これ一つでかなり保湿することができます。毎日このケアを続けているので乾燥知らずでしっとりしていますし、ひび割れしやすいかかとは今年もキレイに保つことができています。


Warning: sprintf() [function.sprintf]: Too few arguments in /home/nigun/rozanostocka.net/public_html/wp-content/themes/lineday/library/underscores/template-tags.php on line 27

黒くなってしまったヒザの御手入れ方法について

ヒザが黒くなってしまう主な原因は、紫外線と圧迫、摩擦の3つだと言われています。

また、ヒザが黒くなってしまう対策や改善策としては、クリームを塗布し保湿することや週にいっぺんは角質ケアをすること、ソフトに洗う、ヒザをつかない、日焼け止めクリームを塗布する、といったことが挙げられます。

ヒザに塗るクリームは、時間をかけるのが嫌ならボディクリームだけでOKです。しっかり保湿することで肌のターンオーバーが整うため、自然と黒ずみが薄くなります。

週 にいっぺんの角質ケアは、ボディスクラブを使用することをおススメします。古い角質溜まりによる黒ずみならば、除去してあげましょう。ここでスクラブでゴ リゴリと擦ると摩擦が強い刺激になるので、極力優しい力加減で行うよう気をつけましょう。最後は、クリームでの保湿を必ずしましょう。

汗 をたくさんかいた日は、ごしごし洗わないといけないと思われがちですが、ボディタオルでの摩擦もしっかりと黒ずみの原因になってしまいます。なので、絹な どの優しい素材で作られたボディタオルを使用し、必要以上にこすらないよう努めましょう。ハンドオンリーで全身を洗うのも良いと思います。

毎 日お手入れをきちんとしても、ヒザをつくことは一切辞めなければ何の変わり映えもないでしょう。いつ何度時であっても黒ずみの原因となってしまうからヒザ は決してつかない、と思う人でも気づいたら自然についていたりするものです。すぐ近くの物を取るときも面倒臭がらず、いったんしっかり立ち上がって少しの 距離であっても一々ちょっと場所を移動してから取るようにしましょう。

冬場はタイツを履くし、ロングパンツ、さらに重ね着がすごいから、 そのため日焼け止め塗らないという物の考え方は今すぐ変更しましょう。紫外線は衣服を通しても確実に入ってきます。また、冬でも夏の3分の1程度は紫外線 量があるので、冬に3時間外出すれば、夏に1時間外出したことと同じ量を浴びることとなります。その辺の計算も間違えないようにして考慮して、絶対に必要 ないと思う、冬の季節であっても日焼け止めクリームが必要だと考えられる時はきちんと使用するようにしましょう。


Warning: sprintf() [function.sprintf]: Too few arguments in /home/nigun/rozanostocka.net/public_html/wp-content/themes/lineday/library/underscores/template-tags.php on line 27